9月9・10日、山形県山形市蔵王温泉にて、2017スカイランニングアジア選手権「蔵王スカイランニング」が開催されました。中国・韓国・フィリピン・日本から各協会が派遣するナショナルチームが参加し、個人参加の選手も合わせると9カ国から、2日間で約700名のスカイランナーが蔵王の地に集まりました。アジア選手権ではVK(バーティカルキロメーター)SKYRACE🄬(スカイレース)の2種目が開催され、日本勢は金メダル4個を含む11個のメダルを獲得。開催国の日本がアジアでトップの成績を収めることができました。

コースのハイライトといえる蔵王山の火口湖「御釜」 🄫ZAO SKYRUNNING
コースのハイライトといえる蔵王山の火口湖「御釜」 🄫ZAO SKYRUNNING

初日に行われたVK(蔵王バーティカルレース/+900m/4.8km)では、男子は宮原徹(Toru Miyahara)、女子は吉住友里(Yuri Yoshizumi)、昨年のアジア王者が共に連覇を達成しました。男子2位には宮原から+2分で永里剛城(Goki Nagasato)、3位には+3分で新牛込崇史(Takashi Shinushigome)がランクイン。吉住は昨年の自身のタイムを上回るコースレコードを記録。女子2位には吉住から+4分で小川ミーナ(Mina Ogawa)、3位にはウルトラ女王の星野由香理(Yukari Hoshino)が入りました。大勢の強豪がひしめく中、男子4位には高校1年生の近江竜之介(Ryunosuke Ohmi)、女子4位には当日に20歳の誕生日を迎えた2017ユース選手権銀メダリストの滝澤空良(Sora Takizawa)がランクイン。若きスカイランナーの活躍も大会中に話題となりました。

ゴールの地蔵岳山頂に駆け登る吉住 🄫ZAO SKYRUNNING
ゴールの地蔵岳山頂に駆け登る吉住 🄫ZAO SKYRUNNING
ラストスパートの宮原(左) 🄫ZAO SKYRUNNING
ラストスパートの宮原(右) 🄫ZAO SKYRUNNING

2日目に行われたSKYRACE🄬(蔵王スカイレース/±2300m/28km)では、男子は上田瑠偉(Ruy Ueda)、女子は高村貴子(Takako Takamura)、先日にアンドラで開催された世界戦で大活躍した2人がアジア選手権を制しました。高村は後続を大きく引き離す圧勝でアジア選手権連覇を達成。終始トップを駆けぬけた上田はアジア選手権初勝利となります。男子2位には上田から+2分弱でシリーズランキングトップの加藤聡(Satoshi Kato)、男子3位には2015アジア選手権銀メダリストの近藤敬仁(Yoshihito Kondo)がランクイン。女子2位には高村から+29分で前日のVK銅メダリストの星野由香理(Yukari Hoshino)、女子3位には2016アジア選手権銀メダリストで韓国チームのパク・スージ(Sooji Park)が入りました。

「馬の背」を駆け抜ける上田 🄫ZAO SKYRUNNING
「馬の背」を駆け抜ける上田 🄫ZAO SKYRUNNING
最高峰の熊野岳山頂へあと少し。笑顔を見せる高村 🄫ZAO SKYRUNNING
最高峰の熊野岳山頂へあと少し。笑顔を見せる高村 🄫ZAO SKYRUNNING

かつてないほどハイレベルなレースとなったアジア選手権「蔵王スカイランニング」。この結果より、男子上位3名、女子上位1名が2018世界選手権の日本代表に内定となります。選手権コースとなった28kは、コース難易度や参加者レベルも高く「アジア選手権に相応しい大会であった」という声が多くありました。火口湖であるお釜を望むスカイレースには一般部門の21kやファンレースもあり、より多くの山岳ランナーが空に向かって駆け登るスカイランニングの魅力を知る機会となりました。開催地である蔵王温泉の皆様をはじめ、開催にご尽力した多くの皆様に感謝申し上げます。

9カ国からの参加者を迎えインターナショナルなレースとなった 🄫ZAO SKYRUNNING
9カ国からの参加者を迎えインターナショナルなレースとなった 🄫ZAO SKYRUNNING

なお、ウルトラ種目のアジア選手権「ランタウ50」は12月3日に中国・香港で開催されます。こちらでの日本チームの活躍にも大いに期待です。

Zao Vertical Race

バーティカル男子トップ3 左から新牛込、宮原、永里 🄫ZAO SKYRUNNING
バーティカル男子トップ3 左から新牛込、宮原、永里 🄫ZAO SKYRUNNING

Men
1. Toru Miyahara JPN) – 37’34”
2. Goki Nagasato (JPN) – 39’26”
3. Takashi Shinushigome (JPN) – 40’32”
4. Ryunosuke Ohmi (JPN) 40’48”
5. Hayato Yanagisawa (JPN) 41’40”

バーティカル女子トップ3 左から星野、吉住、小川 🄫ZAO SKYRUNNING
バーティカル女子トップ3 左から星野、吉住、小川 🄫ZAO SKYRUNNING

Women
1. Yuri Yoshizumi (JPN) – 44’41”
2. Mina Ogawa (JPN) – 48’43”
3. Yukari Hoshino (JPN) – 54’12”
4. Sora Takizawa (JPN) 1h01’04”
5. Kishiko Suto (JPN) 1h02’25”

バーティカル男子4位と大健闘した高校1年生の近江 🄫ZAO SKYRUNNING
バーティカル男子4位と大健闘した高校1年生の近江 🄫ZAO SKYRUNNING

Zao SkyRace® 28K

スカイレース男子トップ3 左から近藤、上田、加藤 🄫ZAO SKYRUNNING
スカイレース男子トップ3 左から近藤、上田、加藤 🄫ZAO SKYRUNNING

Men
1. Ruy Ueda (JPN) 2h42’41”
2. Satoshi Kato (JPN) 2h44’29”
3. Yoshihito Kondo (JPN) 2h50’45”
4. Yuichi Miura (JPN) 2h50’57”
5. Yamato Yoshino (JPN) 2h51’17”

スカイレース女子トップ3 左からパク、高村、星野 🄫ZAO SKYRUNNING
スカイレース女子トップ3 左からパク、高村、星野 🄫ZAO SKYRUNNING

Women
1Takako Takamura (JPN) 3h15’15”
2. Yukari Hoshino (JPN) 3h44’50”
3. Sooji Park (KOR) 3h49’46”
4. Sayuri Orito (JPN) 3h58’49”
5. Eri Kuwabara (JPN) 4h01’44”

空と地球が出会う場所を駆け抜ける 🄫ZAO SKYRUNNING
空と地球が出会う場所を駆け抜ける 🄫ZAO SKYRUNNING

The 2017 Asian Skyrunning Championships:
VERTICAL – September 9 – Zao Vertical Race, Yamagata, Japan
SKY – September 10 – Zao SkyRace®, Yamagata, Japan
ULTRA – December 3 – MSIG Lantau 50, Hong K

大会ホームページ

大会リザルト

ISFニュースリリース① Japan hosts VK and Sky Asian Champs

ISFニュースリリース② Host Japan tops VK and Sky Asian Champs

世界戦 歴代優秀選手


D_DD