5月の上田バーティカルレースからスタートした2016Salomonスカイランナー・ジャパン・シリーズですが、いよいよ今週末の「尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター」と来週末の「西米良スカイランニングクエスト」で最終戦を迎えます。また、アジア選手権の代表選考を兼ねるウルトラ日本選手権の「志賀高原エクストリームトレイル」も開催されます。日本各地で開催されるシーズンの締めくくりですが、それぞれのレースに日本のトップスカイランナーたちが参戦します。

sign

10月16日(日)、群馬県片品村にてVERTICALシリーズ最終戦「尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター」が開催されます。2016シーズンより開始となったVERTICALシリーズですが、1年目にして多くのトップスカイランナーたちが挑むカテゴリとして確立したといえます。最終戦に相応しくゲスト選手のラインナップも凄まじいものとなっています。男子はランキング暫定1位の宮原徹(Toru Miyahara)、2位の渡辺良治(Ryoji Watanabe)、4位の和田優一(Yuichi Wada)、5位の柳澤隼人(Hayato Yanagisawa)。女子は暫定1位の高村貴子(Takako Takamura)、2位の岩楯志帆(Shiho Iwadate)、4位の吉住友里(Yuri Yoshizumi)。その他にも、今年活躍した日本代表のメンバーやVK初挑戦となるウルトラ系山岳ランナーの名前もあり、上位は大混戦となると予想されます。なお、2016ジュニアシリーズの最終戦も同時に開催されます。

VERTICALシリーズ暫定ランキング  個人ランキング  都道府県ランキング

大会公式サイト http://www.ozevk.com/

20160515-01

10月22日(土)、長野県山ノ内町にてULTRA日本選手権「志賀高原エクストリームトレイル」が開催されます。2016世界選手権日本代表の小川壮太(Sota Ogawa)丹羽薫(Kaori Niwa)をはじめとする長距離スカイランナーたちが標高2000m超の高原を舞台にした山岳レースで日本王者をかけて競い合います。この大会の男女上位各1名が12月4日(日)に香港で開催される2016アジア選手権「MSIGランタウ50」の日本代表、及び、2017アジア選手権(開催地未発表)の日本代表に内定します。

大会公式サイト http://www.nature-scene.net/shiga_ex/

image02

index

2016シリーズの締めくくりは今年も九州・宮崎の地です。10月23日(日)、宮崎県西米良村にてSKYシリーズ最終戦「西米良スカイランニングクエスト」が開催されます。村の中心をスタートし村内最高峰の市房山(1720m)を折り返して再び村に戻ってくる、スカイランニングの原点ともいえるコースです。男子は暫定1位の秋元佑介(Yusuke Akimoto)、2位の牛田美樹(Miki Ushida)、5位の小山真一(Shinichi Koyama)、8位の山本大賀(Taiga Yamamoto)、ULTRA日本代表の東徹(Toru Higashi)、女子は暫定1位の星野由香理(Yukari Hoshino)が上位の有力候補といえますが、地元の九州からも強力な選手が多数出場すると予想されます。誰が今シーズン最後のウィナービブを獲得するのか注目です。

SKYシリーズ暫定ランキング  個人ランキング  都道府県ランキング

大会公式サイト http://universal-field.com/event/nishimera-skyrunning-quest/

SJS logo 2

2016シリーズタイトルスポンサー
2016シリーズタイトルスポンサー

シリーズランキング上位者には賞金が授与されます。1位:50000円、2位:30000円、3位:20000円。スカイランナーの皆さんの健闘と無事下山を心より願っております。


D_DD