4月21日(土)、新潟県三条市にて2018スカイランニング日本選手権(VK)「粟ヶ岳バーティカルキロメーター(Mt.AWA VK)」が開催されました。三条市のシンボルである粟ヶ岳へ駆け登る、残雪のバーティカルレースには日本全国から60名程のスカイランナーが参戦。ハイレベルな選手が揃う中、前年のSKYアジア王者である上田瑠偉(Ruy Ueda)高村貴子(Takamura Takako)が実力を出し切り初のVKタイトルを手にしました。

今年で第3回目となった「粟ヶ岳バーティカルキロメーター」。昨年は9月に開催されましたが、世界戦の誘致を視野に、今年は残雪期の4月中旬へ開催時期を変更して実施されました。距離5.5km、標高差+1100m、6合目以降は残雪の残る難易度の高い本格的な山岳レースです。選手は地元の下田中学校の生徒や住民の大歓声を受けて、日帰り温泉施設の「いい湯ら亭」を5人1組でインターバルスタート。高くそびえる粟ヶ岳を仰ぎながら山麓を1.5kmほど進んだ登山口近くの広場にて、計測開始となるユニークな形式のレースです。

本格的な雪上バーティカルは日本初の開催となった 🄫Mt.AWA VK/Sho Fujimaki
本格的な雪上バーティカルは日本初の開催となった 🄫Mt.AWA VK/Sho Fujimaki

女子は、序盤からリードした高村貴子が1時間11分22秒でゴール。冬季はクロスカントリースキーにも打ち込んでいる高村は雪上のバーティカルも難なく攻略。2年前の第1回大会に次ぐ2度目の粟ケ岳VK優勝を飾るとともに、初のVK女王の栄冠に輝きました。2位には昨年から超高層ビルのバーティカルランニングに参戦していた立石ゆう子(Yuko Tateishi)が今年から本格参戦する山岳でも力をみせ、高村から+5分の1時間16分02秒でフィニッシュ。3位には立石から+1分の1時間17分36秒で新潟県勢の若手のホープである簔口めぐみ(Megumi Minoguchi)がランクインしました。スカイランニング界に新しい女子スター選手が誕生したレースとなりました。

🄫Mt.AWA VK/Sho Fujimaki
雪の尾根を笑顔で進む高村 🄫Mt.AWA VK/Sho Fujimaki

男子は、上田瑠偉と”バーティカルの皇帝”宮原徹(Toru Miyahara)の接戦となりました。5合目までの無雪区間は宮原が先頭を引っ張り上田はその背後につけます。残雪区間となった6合目から宮原のペースがダウンしたところを見逃さず、上田はペースを上げて宮原を突き放し、52分40秒の好記録で初のVKチャンピオンに輝きました。慣れない雪上に苦戦した宮原は上田から+1分の53分59秒でゴール。初めて日本王者の座を譲ることになりましたが「清々しい気持ち」と上田の大健闘を讃えていました。3位にはユース日本代表である16歳の近江竜之介(Ryunosuke Oumi)が初の日本選手権トップ3にランクイン。上田瑠偉よりもさらに若い世代のエースである近江は、昨年のVKアジア選手権での4位から、またひとつ飛躍。今後の活躍に注目です。

山頂目指して黙々と駆け登る上田 🄫Mt.AWA VK/Sho Fujimaki
山頂目指して黙々と駆け登る上田 🄫Mt.AWA VK/Sho Fujimaki

「雪上」というのは、高所山岳でのスピード登山を原点としたスカイランニングを特徴づける要素のひとつです。欧州では多数の雪上山岳レースが開催されていますが、今回の「粟ヶ岳」は日本では初となる本格的な雪上レースとなりました。世界有数の豪雪地帯である新潟県の山岳の特性を生かしたバーティカルは、来年は世界戦も視野に入れているということで今後の発展が楽しみです。安全な競技運営のためにご尽力いただいた大会スタッフの皆さんに御礼申し上げます。

世界に誇れる粟ヶ岳は実に爽快なバーティカルレース 🄫Mt.AWA VK/Sho Fujimaki
世界に誇れる粟ヶ岳、天候に恵まれて爽快な1日となった 🄫Mt.AWA VK/Sho Fujimaki

なお、今大会は2018 Colombia Montrail Skyrunnner® Japan Series (VKシリーズ)第1戦を兼ねていました。次戦は5月3・4日に長野県上田市で開催される上田バーティカルレースとなり、SKYカテゴリの日本選手権も開催されます。ゴールデンウィークは急峻な里山を舞台にした、世界的にみても難易度の高い山岳レースに注目です。

新しい時代の到来を感じさせた表彰式 🄫Mt.AWA VK/Nagi Murofushi
新しい時代の到来を感じさせた表彰式。左から大会プロデューサーの松永氏、男子3位の近江、2位の宮原、1位の上田、女子1位の高村、2位の立石、3位の簔口 🄫Mt.AWA VK/Nagi Murofushi

2018 VK日本選手権 上位リザルト

男子トップ5
1. 上田 瑠偉 / Ruy Ueda 52:40
2. 宮原 徹 / Toru Miyahara 53:59
3. 近江 竜之介 / Ryunosuke Oumi 57:35
4. 牛田 美樹 / Miki Ushida  58:50
5. 永里 剛城 / Goki Nagasato 58:54

女子トップ5
1. 高村 貴子 / Takako Takamura 1:11:22
2. 立石 ゆう子 / Yuko Tateishi 1:16:02
3. 蓑口 めぐみ / Megumi Minoguchi 1:17:36
4. 稲毛 日菜子 / Hinako Inage 1:20:48
5. 木下 久美 / Kumi Kinoshita 1:21:46

大会ホームページ

2018 Skyrunner® Japan Series


D_DD