無題
sjs
logo-Salomon time to play_BLACK 500×600
計測工房
無題
logo_champion
19512573_1269885116444014_442282835_n
729-90

最新記事

秋山登山の注意点

標高2000mの高山では紅葉が進み始め本格的な秋山シーズンとなりました。高山が舞台となるスカイランニングにおける秋山シーズンは9月中旬~11月上旬の約2ヶ月程の間(積雪前)とお考えください。夏山では煩わしかった虫も少なくなり、空気も澄み渡ってきます。標高の高い山では新雪パウダースノーの雪上スカイランニングを体験できます。まさに爽快なスカイランニングを心ゆくまで楽しめるシーズンだといえるでしょう。しかし、夏に比べると雷雨等のリスクが低くなりますが、秋も別のリスクでの山岳遭難が起こりやすい季節になります。
10月14-15日に第2回目のJSAユースキャンプを群馬県片品村で開催します。今回のキャンプの目的は、以下の2つです。 1、2018年スカイランニングユース世界選手権代表選考レース(尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター)参加 2、2017年スカイランニング世界選手権報告会、ユース委員会設立報告会、日光白根山登山ツアーを通じて、2017年の活動を振り返るとともに2018年に向けて親睦を図る
9月9・10日、山形県山形市蔵王温泉にて、2017スカイランニングアジア選手権「蔵王スカイランニング」が開催されました。中国・韓国・フィリピン・日本から各協会が派遣するナショナルチームが参加し、個人参加の選手も合わせると9カ国から、2日間で約700名のスカイランナーが蔵王の地に集まりました。日本勢は金メダル4個を含む11個のメダルを獲得。開催国ながらアジアでトップの成績を収めることができました。
10月14日(土)に群馬県片品村で開催される「尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター」を2018ユース世界選手権の代表選考会と位置付けます。選考用コースはエキスパートコース(+1000m)、対象者は1995―2002年生まれのスカイランナーです。
9月2日(土)、アメリカ合衆国モンタナ州で開催された世界シリーズ戦「ザ・ラット28k」で松本大が7位に入りました。北米開催の世界シリーズ戦における日本人の入賞は、2014年に宮原徹がVK(バーティカルキロメーター)で3位入賞した以来、3年ぶりとなります。
- Advertisement -

2017 Magazine

mgzn2017

Premium Partner

SKYRUNNING in JAPAN

SKYRUNNING ASIAN CHAMPS LOGO 017
LOGO_SKYRUNNER_COUNTRY_SERIES_JAPAN_CMYK_POSITIVE
jr_logo

Follow us

More Skyrunning

ISF-new-logo
rogo sws
rogo sns
VK_normal_POS_RVB
vertical
Translate »