sjs
コロンビアモントレイル160×160
粉アメ160×160
nifco160×160
計測工房
logo_champion
19512573_1269885116444014_442282835_n
729-90

最新記事

6月16日(土)、イタリア・ロンバルディア州で開催された世界シリーズ戦「リビーニョ・スカイマラソン」で、上田瑠偉が8位に入りました。上田は先月にスペインで開催された「ゼガマ」の9位に引き続き、2戦連続でトップ10以内にランクイン。スカイランニングの世界シリーズ戦である2018SWS(スカイランナーワールドシリーズ)の年間ランキング上位を目指し、着実に結果を残しています。
8月4-5日に、北アルプスにてスカイランナーの登山力強化を目的としたプログラムを開催いたします。今回のプログラムでは、野口五郎小屋に泊まり日本百名山「水晶岳(2.986m)」に登ります。夏の北アルプスを舞台に、登山知識と体力の向上を図り、総合的な「登山力」を身に着けることが目的となります。(JSA登録会員のみ参加可能となります。) 本プログラムは、企画運営はJSA普及強化委員会が担当しJSA安全環境委員会が協力します。
6月9日(土)、長野県上田市の菅平高原でスカイスピード日本選手権「サナダバーティカル100」が開催されました。スカイスピードは標高差100mを一気に駆け登るスカイランニングのスプリント種目。予選から決勝までの勝ち抜き戦となります。太郎ゲレンデの特設された大会コースは距離300m・平均傾斜は33%となります。第2回目となった今回は、全国から86名のスカイランナーが集結し、ハイレベルな戦いとなりました。
6月2日(土)、滋賀県大津市にてSKYシリーズ第2戦・VKシリーズ第3戦として「びわ湖バレイスカイレース」が開催されました。今年は今までで一番の好天に恵まれ、青い空と青い湖に挟まれた山岳を約200名のスカイランナーが駆け抜けました。午前中のスカイレースでは星野和昭と高村貴子、午後のバーティカルでは宮原徹と吉住友里が優勝しました。
5月27日(日)、長野県木島平村でJSAジュニアシリーズ第2戦「たかやしろトレイルランニングレース」が開催されました。ジュニアシリーズは、山岳を駆け登る楽しさや爽快さを体験することができ、なおかつ、ジュニア世代の育成に重点をおいて開催されている上信・北陸エリアの山岳レースをまとめたものです。対象となるのは小学生と中学生となります。
- Advertisement -

山を楽しむための6つの約束

cover

2018 Magazine

2018magazine2

Top Partner

SKYRUNNING in JAPAN

LOGO_SKYRUNNER_COUNTRY_SERIES_JAPAN_CMYK_POSITIVE
skyrunning_jor

Follow us

More Skyrunning

ISF-new-logo
rogo sws
rogo sns
VK_normal_POS_RVB
vertical
Translate »