無題
sjs
logo-Salomon time to play_BLACK 500×600
計測工房
無題
logo_champion
19512573_1269885116444014_442282835_n
729-90

最新記事

7月30日(日)、ピレネー山中のアンドラ公国で開催された世界シリーズ戦「スカイレース・コマペドローサ」で、上田瑠偉と高村貴子が3位に入りました。同大会における日本人の成績としては、2006年の松本大の5位以来11年ぶりの入賞。また、欧州開催のワールドシリーズ戦におけるトップ3へのランクインは日本勢で初の快挙となります。
7月30日(日)、アンドラ公国のラ・マサナ地区にて「ユース世界選手権」の2つ目の種目であるSKYRACE®が開催されました。日本チームは惜しくもメダルの獲得はありませんでしたが、ユースBカテゴリの菊川惠大とU23カテゴリの吉野大和が4位にランクインしたのをはじめ、各自が持てる力を十分に発揮したレースでした。
7月28日(金)、山梨県富士吉田市で「第70回富士登山競走」が開催されました。富士吉田市役所をスタートし、標高差3000mを一気に駆け登る21㎞のコースは、世界屈指の標高差の大きい過酷なレースで、日本の伝統的かつ本格的な登山競走です。2015年より「JAPAN CUP」として位置付けられており、今年は2018年に開催される「スカイランニング世界選手権」の代表選考レースも兼ねていました。
7月28日(金)、ピレネー山中のアンドラ公国にて第2回目のとなる「ユース世界選手権(スカイレース・コマペドローサ)」が開幕しました。初日はひとつめの種目としてVERTICAL KILOMETER®(バーティカル・キロメーター/+1020m/3.5km)が開催されました。年齢別カテゴリののうちユースB女子で滝澤空良が2位に入り、今回の世界選手権で日本チームとして初のメダルを獲得しました。
2017ユース世界選手権。日本代表チームがアンドラに到着しました。いよいよ第2回目のユース世界選手権が開幕します。日本チームは選手13名、サポート3名、総勢16名で構成されます。日本代表チームを派遣するにあたって、多くの方々よりご協力・ご支援をいただきました。チームメンバー一同、ご協力ご支援くださった皆様方へ心より御礼申し上げます。チーム一同ベストを尽くして、それぞれの目標に全力で向かいます。応援をよろしくお願いいたします!!
- Advertisement -

2017 Magazine

mgzn2017

Premium Partner

SKYRUNNING in JAPAN

SKYRUNNING ASIAN CHAMPS LOGO 017
LOGO_SKYRUNNER_COUNTRY_SERIES_JAPAN_CMYK_POSITIVE
jr_logo

Follow us

More Skyrunning

ISF-new-logo
rogo sws
rogo sns
VK_normal_POS_RVB
vertical
Translate »