スカイランニングの新種目であるスカイスノー(SKYSNOW)の日本国内における普及・強化のための新たなプロジェクトとして、スカイスノー・ジャパン・シリーズ(SKYSNOW JAPAN SERIES)を実施することを発表いたします。3月~4月に開催される全7戦を対象レースとしてシリーズランキングを決定します。スカイスノーはマイクロクランポンを装着して雪山を駆け登る冬季種目であり、雪氷が覆う高所山岳を駆け登ったスカイランニングの原点を、競技スポーツとして一般化したものになります。

※ISF(国際スカイランニング連盟)は夏季種目のスカイランナーワールドシリーズに並ぶ国際的なサーキットの開催を目指しています。したがって、当シリーズのロゴ及び呼称は世界的な枠組みが確立するまでの仮のものとなります。

2022 CALENDAR

第1戦 3月 5日 山形県 ZAO SKYRUNサンライズバーティカル 1.5km/+333m
第2戦 3月 5日 山形県 ZAO SKYRUNサンセットクラシック(ロング) 9km/±1000m
第3戦 3月21日 宮城県 オニコウベスカイスノー 3km/+750m
第4戦 3月26日 石川県 白山一里野SKYSNOWバーティカル 1.5km/+500m
第5戦 3月27日 石川県 白山一里野SKYSNOWクラシック 9.5km/±600m
第6戦 4月 9日 群馬県 嬬恋スカイランSKYSNOWバーティカル 3.5km/+610m
最終戦 4月10日 群馬県 嬬恋スカイランSKYSNOWクラシック 10km/±900m

❆ 2022 RANKINGRULE

資格・ランキング対象
・当面はJSA登録の有無に関わらず参加できるオープンなシリーズ戦とする(競技人口が増えた段階でJSA登録者のエリート部門と非登録者の一般部門を分けていくこととする)
・年齢については各大会の競技ルールに順ずるが原則として次の指針とする
 バーティカル:大会開催時に中学生以上である健康な男女
 クラシック:大会開催時に高校生以上である健康な男女

ランキングについて
・2022SSJSではバーティカルとクラシックを混合して1つの総合ランキングが決定される。
・総合ランキングは4戦の獲得ポイントで決定される。
・シリーズポイントは各レースの男子 30 位、女子 30 位まで獲得できる(1 位は 100 ポイント)100-88-78-72-68-64-60-56-52-48-44-40-36-34-32-30-28-26-24-22-20-18-16-14-12-10-8-6-4-2
・最終戦はポイント1.5倍増(1位は150ポイント)

その他
・各レースのルールに従わず失格となった選手はランキングから除外する
・ドーピングや犯罪等、スポーツマンとして相応しくない行為を行った選手はランキングから除外する

褒賞について(JSAが準備する記念品)
①ウィナービブ
・各レース総合1 位(男女)
②チャンピオンビブ
・シリーズ総合1位(男女)
③記念メダル
・シリーズ総合1~3位(男女)
※その他、各大会より賞品が授与されます

SKYSNOW(スカイスノー)の装備
マイクロクランポンの装着は必須です。スカイスノー競技で許可されるマイクロクランポンには、つま先とかかとの間に10個以上の金属製スパイク(8/10mm)がついている必要がある。スパイクが組み込まれたシューズについても、10個以上の金属製スパイク(8/10mm)がついている必要がある。その他の種類のシューズ(陸上用スパイクシューズ、サッカーシューズ)、及び、山岳用のアイゼンの使用は禁止である。また、GPSトラッカーの使用を推奨する。スキーポールの使用は5.3.7に示されている通りである。

基本装備
・長袖防寒シャツ、フード付き長袖防水ジャケット、足首までの防寒ロングパンツ、手袋、帽子
・レースが昼間である場合:サングラス
・レースが夕方または夜である場合:フロントライトと後部レッドライト(予備バッテリー付き)
・サーマルブランケット
・携帯電話(十分に充電されているもの)

※マイクロクランポンはスカイスノーの必携装備になります。登山用品として複数のメーカーが販売していますが、現時点でレース用としてはNORTECの製品が軽量かつ丈夫といえます。

※夏用のシャツ・ジャケット類では防寒対策に不足があります。サーマルスーツ(防寒用スーツ)はクロスカントリーや山岳スキー(SKIMO)で使用されるのと同じものが機能的に優れています。JSAではチャンピオンシステム製のサーマルスーツを後日一般販売します。

サーマルスーツ(SKNINJAの例)