japanskyrunningassociation
ジャパンスカイランニングアソシエーション写真1 ジャパンスカイランニングアソシエーション写真2 ジャパンスカイランニングアソシエーション写真3 ジャパンスカイランニングアソシエーション写真4 ジャパンスカイランニングアソシエーション写真5
  • ジャパンスカイランニングアソシエーション写真1
  • ジャパンスカイランニングアソシエーション写真2
  • ジャパンスカイランニングアソシエーション写真3
  • ジャパンスカイランニングアソシエーション写真4
  • ジャパンスカイランニングアソシエーション写真5
movies
アサマ2000スカイレース
大会の情報はこちらから!

movies
山のマナー・ルールと装備について
その他の動画はこちらから!

news and information
"2016 Salomon Skyrunner Japan Series Kyogadake Vertical Limit"
5月21日(土)、長野県南箕輪村にてSKYシリーズ第1戦『経ヶ岳バーティカルリミット』が開催されました。急峻な山岳が聳える長野県南部地域において最大級の山岳イベントとなります。
"2016スカイランニング世界選手権日本代表"
5月3日(祝)、長野県上田市にて2016世界選手権壮行会を開催しました。2016世界選手権の目標はまず、日本代表(A代表)は2年前にフランスで開催された世界選手権での16位を上回る、国別ランキング10位以内を目指します。
"2016 Salomon Skyrunner Japan Series 1st"
5月3日(祝)、長野県上田市にてSJS第1戦『上田バーティカルレース―太郎山登山競走―』が開催されました。6歳から69歳まで500名超の選手が参加した今大会は、 単体のバーティカルレースとしては世界最大級のイベントとなります。
"2016 Salomon Skyrunner Japan Series"
日本における2016シーズンが5月3日の『上田バーティカルレース』より開幕となります。より急峻に、よりテクニカルに、よりドラマティックに。 2014年のプレシーズンから数えて3年目となるシリーズは、 新たにVERTICALシリーズを加えてグレイドアップして開催されます。
"JSA official race requirement"
日本におけるスカイランニングレースを明確にすることを目的に「2016JSA公認レース」を発表いたします。ISFの国際ルールに基づいており、距離等のコースデータだけでなく、運営の質も重要な要素となります。
"Caution for spring season"
春は、遭難事故が多数発生するシーズンです。長距離を走れる体力、速く登れる体力があるから安 全という認識は間違いです。慣れてきた頃が一番危ないです。この注意点をよく読んで安全に楽しいスカイランニング(=ランニングスタイルの登山)をしていただければ と思います。
"2016 JSA Camps & TalkSession"
2016年よりスカイランニングの魅力や楽しさを共有するキャンプ「THE REAL SKY(ザ・リアル・スカイ)」を開催いたします。快速登山としてのスカイランニングを体験する機会、山岳における知識や技術を高めあう機会、JSTアスリート同士の交流の機会とします。
"JSA Athlete intervew!"
小川壮太選手のインタビューを世界選手権の基金ページへ掲載しました!
"2016 Skyrunner Japan Series & Japan Championships"
2016年、日本各地の美しい山岳を舞台にスカイランニングの国内シリーズ戦(スカイランナー・ジャパン・シリーズ:通称SJS)を開催します。日本国内の山岳レースより、コースの難易度や運営面でISF(国際スカイランニング連盟)が定めたルールを満たし、且つ、 森林限界を抜けた爽快さを体験できるレースを選定しました。ジュニアはこちら!
"2016 Winter Caution"
冬山シーズンはスカイランニングに適しません。冬の遭難は死に直結する確率が高いです!!冬山に出かけるつもりの方は、本注意点を必ず読んでください。
その他のニュースはこちらから!