6月11日(日)、長野県上田市菅平高原にてSKYCLASSICシリーズ第2戦「菅平スカイライントレイルランレース」が開催されました。2日間の合計で約900名の選手がエントリーした「菅平」は今年で10周年を迎え、スポーツのメッカとして知られる菅平高原における初夏の一大イベントとして地域に定着しています。記念大会の栄冠を勝ち取ったのは、男子は加藤聡(Satoshi Kato)、女子は高村貴子(Takako Takamura)でした。

レース最高標高地点の小根子岳 🄫Fields
レース最高標高地点の小根子岳 🄫Fields

シリーズ第2戦となったスカイマラソンは、2つの常設トレイルランコースを経て、終盤に標高2128mの小根子岳山頂へ駆け登る、44km・±2500mのコース。全体的には緩やかで走りやすい“トレイルラン”のレースですが、小根子岳部分は標高2000m超の開けた眺望の広がる長大なアップダウンがあります。登山経験が少ないランナーでもスカイランニングの魅力の一端に触れられる、幅広い層から人気のあるコースといえます。

序盤、トップの2名を追いかける牛田美樹 🄫Fields
序盤、トップの2名を追いかける牛田美樹 🄫Fields

男子はラストスパートで決着がつく歴史に残る大接戦となりました。序盤トップを引っ張ったのは大滝健司(Kenji Otaki)加藤聡の2人。三浦裕一(Yuichi Miura)牛田美樹(Miki Ushida)秋元佑介(Yuusuke Akimoto)小山真一(Shinichi Koyama)玉澤悠輝(Yuki Tamazawa)らが僅差で追いかけます。中盤でトップの大滝が棄権。一方、2016アジア選手権金メダリストの三浦と2016SKYシリーズ王者の牛田の2名が持ち前の力で加藤に追いつき、3人まとまって終盤の根子岳に差し掛かりました。長大な根子岳の登りで三浦が離され、最終盤は加藤と牛田の一騎打ちに。ダウンヒルで一旦は牛田がリードするものの、最後はスプリント力のある加藤が牛田を振り切り、「経ヶ岳」に続いてシリーズ戦2連勝を飾りました。3位には三浦、4位には秋元、5位には終盤で小山(6位)を抜かした玉澤がランクインしました。

空を目指して。小根子岳を駆け登る 🄫Fields
空を目指して。小根子岳を駆け登る 🄫Fields

女子は序盤から2016日本選手権女王の高村貴子の独走となりました。最近まで怪我をしていたため第1戦「経ヶ岳」には参戦しなかった高村ですが、それが良い休養となったのか、コースレコードとなる5時間07分での圧勝となりました。2位以下は接戦となりましたが、序盤から2位の桑原絵里(Eri Kuwahara)、3位の枝元香菜子(Kanako Edamoto)、4位の星野由香理(Yukari Hoshino)が順位をキープしたままゴールしました。5位には、岡さゆり(Sayuri Oka)が中盤以降に順位を上げてランクインしました。

序盤から大きくリードするものの、最後までスピードを緩めなかった高村貴子 🄫Fields
序盤から大きくリードするものの、最後までスピードを緩めなかった高村貴子 🄫Fields

序盤戦は長野県を舞台としているSJS戦ですが、中盤戦から日本各地へと場所を移します。次の舞台は近畿地方唯一のスカイランニングレースである滋賀県大津市の「びわ湖」となります。VERTIVCALシリーズ第3戦の「びわ湖バレイバーティカルレース」、SKYCLASSICシリーズ第3戦「びわ湖バレイスカイレース」は7月1日(土)の同日開催となります。“日本のリモーネ”ともいわれる急峻かつテクニカルな湖と山のスカイランニング・フィールドへ。日本各地の山岳の素晴らしさを学ぶ機会として、SJS戦への挑戦をお待ちしております!!

標高2000m超からのダウンヒルは爽快そのもの 🄫Fields
標高2000m超からのダウンヒルは爽快そのもの 🄫Fields

SKYCLASSICシリーズ第2戦

男子トップ5
1. 加藤 聡/Satoshi Kato 4:19:35 愛知県
2. 牛田美樹/Miki Ushida 4:19:47 群馬県
3. 三浦裕一/Yuichi Miura 4:21:46 神奈川県
4. 秋元佑介/Yusuke Akimoto 4:32:55 千葉県
5. 玉澤悠輝/Yuki Tamazawa 4:37:28 東京都

女子トップ5
1. 高村貴子/Takako Takamura 5:07:18(大会新)北海道
2. 桑原絵里/Eri Kuwahara 5:37:39 福島県
3. 枝元香菜子/Kanako Edamoto 5:44:29 神奈川県
4. 星野由香理/Yukari Hoshino 5:47:03 栃木県
5. 岡さゆり/Sayuri Oka 6:03:07 東京都

SKYCLASSICシリーズ暫定順位

男子
1.加藤 聡  200ポイント
2.牛田 美樹 160ポイント
3.小山 真一 127ポイント

女子
1.桑原 絵里 176ポイント
2.折戸小百合 112ポイント
3.長坂 恵子 100ポイント
3.高村 貴子 100ポイント

大会リザルト

菅平スカイライントレイルランレース公式サイト


菅平スカイライントレイルランレース・10周年おめでとうございます!!

Run from ooyamadori on Vimeo.