10月16日(日)、群馬県片品村にてジュニアシリーズ最終戦「尾瀬岩鞍バーティカルキロメーター」が開催されました。シリーズ王者を決定したバーティカルシリーズ最終戦との同時開催となりました。高校生はエキスパートコース(+1000m/5km)、中学生はチャレンジコース(+700m/3km)、小学生はキッズ(高学年+100m/2.4km、中学年+100m/2.4km、低学年+50m/1.2km)の各カテゴリで、秋空の下、約100名の未来のスカイランナーたちが一生懸命に駆け登っていました。

Photo : SHORLY SUDOH
Photo : SHORLY SUDOH

本格的なバーティカル種目に挑戦したのは高校生と中学生です。冬季はクロスカントリースキーに打ち込む選手たちが多くレベルが高い中、素晴らしい登りをみせたのは地元の片品村の星野誉貴(Yoshiki Hoshino)鏑木光(Hikari Kaburagi)です。両者ともに同じカテゴリの2位以下を5分ほど引き離しての圧勝でした。女子では町田 芹佳(Serika Machida)市村 珠季(Tamaki Ichimura)が初めてのウィナービブを獲得しました。

Photo : SHORLY SUDOH
Photo : SHORLY SUDOH

午後に開催されたキッズ(小学生)の部でも、スカイランナーを夢見る子供たちが一生懸命にゴールを目指していました。レベルの高かった小学校高学年の部では、男子は地元片品村の髙橋 賢太(Kenta Takahashi)が接戦を抜け出して優勝。女子では第3戦「アサマ2000」でも優勝したルブラス恵美里(Emiri Le Bras )が2連覇を達成しました。

「尾瀬」のジュニアカテゴリは昨年よりも人数が増えたこともあり非常に賑やかな雰囲気での開催となりました。山間地域のランニングスポーツに新しい風を吹かせているように感じたジュニアシリーズ最終戦でした。2017シーズンもジュニアシリーズは開催予定です。未来のスカイランナーたちの参加をお待ちしております。

Photo : SHORLY SUDOH
Photo : SHORLY SUDOH

ジュニアシリーズ最終戦リザルト
(★は各カテゴリー優勝者、ウィナービブを授与いたしました)

高校生男子(+1000m/5km)
1 星野 誉貴 51:45 ★
2 金子 智哉 56:06
3 大竹 澪 58:42

高校生女子(+1000m/5km)
1 町田 芹佳 1:37:11 ★
2 関 奈々星 1:47:35

中学生男子(+700m/3km)
1 鏑木 光 25:58 ★
2 山崎 智也 31:00
3 萩原 大智 31:52

中学生女子(+700m/3km)
1 市村 珠季 33:29 ★
2 星野 陽奈 33:55
3 吉野 友菜 38:15

小学生高学年男子(+100m/2.4km)
1 髙橋 賢太 9:47 ★
2 新岡 幸一 9:57
3 原澤 英佑 10:11

小学生高学年女子(+100m/2.4km)
1 ルブラス 恵美里 11:17 ★
2 小林 琴那 11:44
3 赤井 月 12:22

小学生中学年男子(+100m/2.4km)
1 小島 颯来 11:12 ★
2 澤上 隼太郎 11:24
3 桑原 隆汰 12:10

小学生中学年女子(+100m/2.4km)
1 髙橋 優菜 12:10 ★
2 笠原 彩瑚 12:40
3 星野 あず 13:07

小学生低学年男子(+50m/1.2km)
1 石田 侑大 5:40 ★
2 星 大和 6:16
3 安原 心輝 6:40

小学生低学年女子(+50m/1.2km)
1 長谷部 理美 6:42 ★
2 須藤 帆音 6:50
3 小林 莉緒 6:54


D_DD