2016 ZAO SKYRUNNING  

スカイランニング日本選手権 【競技規則(競技者用)】

■必携装備
 1.防風ジャケット(雨天時は防水ジャケット)
 2.ゼッケン(腹部の前方に着用)
 3.計測チップ
※その他の装備の携行については自己判断とします
■スタート
 1.スタートエリアには必携装備を携行した選手本人のみが入れます
 2.音楽用のイヤホン・ヘッドホンを着用・持参している選手は出走できません
 3.バーティカルレースは30秒間隔のインターバルスタートとします(1名ずつ、一般女性→エリート女性→一般男性→エリート男性)
 4.スカイレースは一斉スタートとします(エリート選手・JSA登録アスリートは優先的にスタート前方へ並ぶことができます)
■チェックポイント・関門
 1.スカイレースは途中に4か所のチェックポイントと3か所の関門があります
 ①地蔵山頂駅 ※11:30通過制限時刻
 ②刈田リフト終点(折り返し地点)※関門無し
 ③地蔵山頂駅 ※12:30通過制限時刻
 ④蔵王山麓駅 ※13:10通過制限時刻
 2.制限時間を超えた選手はその場で途中棄権となります。スタッフの指示に従って下山してください
 3.リタイア希望の選手は関門のスタッフまで申告してください
■エイドステーション
 1.バーティカルレースは途中1か所のエイドステーションがあります
 ①鳥兜駅
 2.スカイレースは途中7か所のエイドステーションがあります
 ①蔵王山麓駅 ②樹氷高原駅 ③地蔵山頂駅 ④刈田リフト終点(折り返し地点) ⑤地蔵山頂駅 ⑥樹氷高原駅 ⑦蔵王山麓駅
■今大会における特別な注意事項
 1.スキー場のゲレンデ部分以外でのポール・ストックの使用は自然保護のため禁止とします(スキー場のゲレンデ部分でのポール・ストックの使用は可能とします)
 2.(スカイレースの)ゴール直前の神社石段で追越は参加者の安全確保のため禁止とします
 3.(馬の背などでの)往復重複区間では左側通行とします
 4.一般登山者との衝突事故防止のために、登山道では声かけと徐行を参加者に義務付けます
 5.50~100m間隔で設置した蛍光ピンク色のテープがコースの目印となります。それに沿って進むようにしてください
 6.ゲレンデ部分には約50箇所の側溝があり、注意看板を設置しております。通過時は十分に注意して飛び越えてください
■失格、もしくは、懲罰(原則として3分のペナルティ)となる場合
 1.(エイドステーションなどの指定された場所ではない)許可されていない場所でごみを捨てた場合
 2.(エイドステーションなどの指定された場所ではない)認可されていない場所でサポートを受けた場合
 3.自発的であってもそうでなくても、レースコースの標識に従わなかった場合
 4.ビブが見えない場所にあったり、許可なく改ざんしたりした場合
 5.フライングスタートやスタートに遅れた場合
 6.必須のチェックポイントを通過しなかった場合
 7.助けを必要としている他の競技者を助けないなど、スポーツマンらしくない振る舞いをした場合
 8.必携とされているものを携行もしくは使わなかった場合
 9.運営団体や審判員の支持に従わない場合
10.表彰式に正当な理由なく出席しなかった場合
11.ドーピングテストを受けるのを拒否したり、テストで陽性がでたりした場合
12.自然保護に反する行為があった場合
13.登山道にて徐行せず一般登山者に危害を加えた場合
14.競技規則に違反等、その他の不正行為のあった場合

D_DD