2015シリーズ最終戦「西米良」

0
520

10月25日(日)にSJS(SALOMONスカイランナー・ジャパン・シリーズ)最終戦「西米良スカイランニングクエスト」が宮崎県西米良村にて開催されました。 九州勢を中心に、全国よりアスリートが約300名参加し、全長38km、累積標高3300mのハードなコースに挑みました。 朝から夕方まで、西米良村民のみなさんが応援に出てくださり街が賑わう中、シリーズ最終戦、すべてをかけて戦う人、最後まであきらめずゴールを目指す人、一人一人の表情が輝いていました。

男子は牛田美樹が終盤に川崎雄哉を引き離し、SJS初優勝。シリーズランキングでも他選手を逆転してチャンピオンに輝きました。女子は岩楯志帆が2位以下を大きく引き離して、牛田と同じくSJS初優勝。 1年間の長いシリーズを戦い続けた2名が有終の美を飾った「西米良」でした。男子2位には序盤・中盤でリードした九州勢の川崎雄哉、3位には渡辺良治が入りました。2名共に今年から注目されるようになった力のある選手です。 今後の活躍が楽しみとなります。女子2位には今シーズン安定して上位入賞している須藤吉仕子、 3位には九州勢のトップとして石井陽子がランクインしました。シリーズランキングをリードしていた長谷川香奈子は怪我のため途中棄権しましたが、今まで獲得した300ポイントによってシリーズ女王の座に輝きました。

西米良スカイランニングクエスト 男女トップ5

男子
1位 牛田美樹(inov-8/JST北関東) 4時間09分44秒
2位 川崎雄哉(TRAQ) 4時間15分06秒
3位 渡辺良治(ポポロAC)  4時間21分56秒
4位 荒木諭志(熊本市消防局) 4時間31分49秒
5位 山本大賀(XEBIO/JST近畿) 4時間37分48秒

女子
1位 岩楯志帆(JST南関東) 5時間28分50秒
2位 須藤吉仕子(inov-8/JST南関東) 6時間11分54秒
3位 石井陽子(熊本県) 6時間49分40秒
4位 藤村 雅子(山口県) 7時間14分25秒
5位 佐野 美穂(熊本県) 7時間41分41秒

大会公式ホームページ  こちら

西米良スカイランニングクエストでジャパンシリーズが終了し、2015ランキングが決定しました。

「2015 SALOMON SKYRUNNER JAPAN SERIES」シリーズランキング

男子
1位 牛田美樹 260pt
2位 渡辺良治 259.6pt
3位 小川壮太 254pt
4位 森本幸司 228pt
5位 星野和昭 216pt

女子
1位 長谷川香奈子 300pt
2位 岩楯志帆 296pt
3位 福田由香里 288pt
4位 丹羽薫 276pt
5位 須藤吉仕子 249.6pt

※男女1-3位に賞金が授与されました。
※男子3位以内、女子1位は2016世界選手権日本代表となります。